スタートダッシュは大事|なりたい職業を目指すなら基礎が大事|武蔵野音楽大学のプロから学ぶ

なりたい職業を目指すなら基礎が大事|武蔵野音楽大学のプロから学ぶ

スタートダッシュは大事

ゲーム機

ゲームクリエイターのお仕事には複数の仕事があります。ゲームの動作や仕様方法を決めるゲームプログラマー、企画も基準に設定や内容を作るゲームプランナー、ゲーム内に登場するキャラクター全般を担当するキャラクターデザイナー、ゲーム開発をサポートするツールプログラマー、SEやBGMなどを必要に応じて鳴る様にするサウンドプログラマー、小物やキャラクターを立体的にするCGデザイナーなどがあります。プログラマーよりのお仕事なのか、キャラクターなどのグラフィックよりなのかで専攻する学科などにも違いがあります。自分がやりたいお仕事がどっちのお仕事なのかによって変わってきます。早い内から決めることでスタートも早くなります。それだけ練習時間やスキル習得の時間が増えるということなので、進路について早めから決めておくと良いでしょう。高校の三年間を有効に使うためにも中学校の時からしっかりと将来像を描きましょう。

ゲーム業界は年齢よりも技術や経験などを重視するする傾向にあります。業界で仕様する力は日頃の生活で使う様なスキルがほとんどない分、技術職としてしっかりとマスターしている事が重要となります。スタートを早くする事でそれだけ経験値とする事が出来るので、実績を積み重ねる事が可能となります。普通高校などを卒業してから専門学校に通うよりも、高校三年間からスキル習得に使った方が良いのです。高校に入学するまでは初心者でも問題ありません。高校に入学してからの3年間を重要にするべきです。三年は結構な時間があります。1000日以上ありますので、有意義に過ごすことによってかなりの効果があります。就職してからも三年間は貴重な時期と言われています。実務ならばリスクが発生しますが、学生であればノーリスクでいろいろな事が出来ます。仲間たちと楽しく学びながら学習することで感性も磨かれます。有意義な高校生活を過ごしましょう。