企画職と開発職|なりたい職業を目指すなら基礎が大事|武蔵野音楽大学のプロから学ぶ

なりたい職業を目指すなら基礎が大事|武蔵野音楽大学のプロから学ぶ

企画職と開発職

ゲーム機

私達の日常にはゲームやアニメが当たり前という環境が構成されています。触れる機会が多いからこそ好きになる人も多く、将来クリエイターになりたいという方が増えています。ゲームクリエイターになるには専門的なスキルが必要であり、その業界について知っている必要があります。ゲームクリエイターのお仕事を大きく分けると二つに分岐します。企画職と開発職で作る内容が全く異なります。企画職はゲーム制作を統括するプロデユーサーや現場監督であるディレクター、企画や設定を決めるプランナーなどがあり、プログラムよりもゲームの概念などを作る側です。開発職はシナリオを書くシナリオライター、キャラや背景を担当するグラフィックデザイナー、効果音やBGMを作るサウンドクリエイター、プログラミングでシステムを構築するプログラマーがいます。デジタル機器を使って作業する事が多く、ゲーム内の設定にそった内容のものを作成するお仕事です。

高校でゲーム制作をしたいけれど、漠然としか決まっていないのならば、企画職か開発職なのかだけでも決めておくとよいでしょう。ゲーム制作をしたい方と思っているのならば得意な分野があるはずです。絵を書いていて楽しいだとか、文章やストーリーを書くことが楽しいとかそのようなちょっとした気持ちが動機となる事もあります。高校三年間でその強みを伸ばす事も出来れば、他の仕事にも魅力があったので鞍替えをする事も出来ます。高校三年間を有効に活用することで新しい道が見えてくる可能性もあるのです。スタートダッシュをすることで、一日でも多く経験を積むことが出来た方が良いので、高校入学前に決める事が理想的ではありますが、入学してから実際に体験をすることによって変わる事もあります。ゲームクリエイターにはいろいろな道が用意されている分選択肢も増えます。なろうかどうかで悩んでいるのであれば、一歩目を踏み出してみると良いでしょう。同じ気持を持つ同士達と一緒に学習することで別の考え方が生まれるかもしれません。