なりたい職業を目指すなら基礎が大事|武蔵野音楽大学のプロから学ぶ

専門的なことは学校で学ぶ

楽器を持つ人

独自の発展をしてきたアニメやゲームなどのサブカルチャー文化は、更に進化しています。これまでに多くの優れた作品が生まれています。そんなアニメやゲームというものは、その道の専門家達によって作られています。クリエイター達が結集し、様々な作品が作られており、そのクリエイターというのは専門的な知識を豊富に持っているため、誰でも良いというわけではありません。そして、そのクリエイターの中には声を担当している声優という人がいます。声優は声をつかった仕事であり、アニメのキャラクターやゲームのキャラクターなどの声を担当します。声というものは、人であれば誰でも発声させることができます。そのため、誰でも良いのではないかと考える人がいますが、そんなことはありません。声優は声に関する分野をしっかり学んだ人しかなれませんし、それはとても専門的な分野として捉えられているのです。

声優になるには、いくつかの方法がありますが、一般的な方法としては専門学校に通うという方法があります。専門学校というのは、声優だけを扱っている専門学校ではなく、アニメやゲームなどのクリエイターを目指す人のための専門学校です。そこでは漫画の描き方などを学ぶことができ、ゲームに関する分野を学ぶことができます。そして、声優としての技術を学ぶことができる学科もあります。そこを選考することで声優に関する技術が学べます。また、声優としてだけではなく、歌うことを学ぶこともできるので声をつかった幅広い職業を目指すことが出来ます。専門学校に通って学ぶという方法以外にも、大学へ通って学ぶ事もできます。武蔵野音楽大学では、器楽学科以外にも声楽学科や作曲学科など音楽に関する様々な分野を学ぶことができるのです。声優にとってはセリフをしゃべるだけでなく時には歌を歌ったりすることもあるため、きちんとボイストレーニングを行なっておく必要があります。専門学校で学ぶことも大切ではありますが、武蔵野音楽大学で学んでみるのもよいでしょう。

アニメやゲームに携わる

マイク

アニメやゲームに関わる仕事として、声優があります。声優は専門学校に通うことでなることができます。専門学校ではプロから専門的な知識が学べるので、とても身になる技術が得られます。

企画職と開発職

ゲーム機

ゲームクリエイターには企画職と開発職という分け方ができます。ゲームの概要などを決めるのが企画で、決まった内容を形にするのが開発職というイメージです。高校入学前に決めておくと楽になります。

スタートダッシュは大事

ゲーム機

ゲーム業界は年齢よりも持っているスキルを重視する傾向にあります。なので、早めに進路を決めて経験を積んだ方が有利に進む業界です。高校三年間をゲームスキル習得にあてる事でかなり有利になります。